2016年9月30日金曜日

デッサンクラスの今

中学3年生の作品です ガラスコップも南瓜の存在もしっかりと表現できています
形をしっかりとデッサンするのはとっても難しいです

デッサンは目に映る物の道理を学び,それを2次元の世界に表現する事です

最近 美術大学ではデッサンに重きを置いてなくて,モデルを使ったデッサンも参加者が少なく、自己表現こそが芸術であるかのような風潮がありますが、ピカソを始め昔の有名な画家は総てしっかりとしたデッサンをしています。

デッサンが出来ればいい作品ができるのではなくて、個人の感性を研ぎすまして行く事と、デッサンをすることは両輪です
この作品も中学生です 若い感性を持って更に前進して行って欲しいと期待しています 


2016年9月21日水曜日

今日のこども絵画クラスは石に絵を描きました

花折断層で有名な朽木の河原に石を取りに行って来て、石にポスカで絵を描いてもらいました
近頃興味のある真田丸 始めは 葉っぱに蟻、次は川と線路,その次に発想したのは垣根越しの合戦 色の違う旗を持った大勢の武士 最後はお城も描きました 次々発想が展開していくさまはどの子にもわくわくさせられます
 自動車と家族と猫 とってもかわいい3人と1匹を自動車の上に載せて遊びます
 女の子らしい絵です しっかり塗りました ウサギちゃんの裏は満天の星 いい仕事しています
石の形をみて直ぐにおむすびを描くといいましたきっとお腹もすいてたんでしょう ひとつは炊き込みご飯のおむすびです 面白い作品です
石をみたとたんスイカって言って皮の緑,赤色、種の黒色、と脇目もふらずに描きました
ステゴザウルスを描いて、ケモノミチを描いて、水飲み場を描いて、えさ場まで次々とお話を作って描いていきました まるで自分がステゴザウルスになったかのように 
道だけを描いた石の裏には番号まで書きました