2013年10月25日金曜日

第45回 日展の開催です

2013年第45回日展が東京六本木新国立美術館で開催

今年は『トルコ桔梗』という絵を出品しました トルコ桔梗は原産はトルコですが、品種改良や、生産量が世界で,日本が第1位だそうです    花言葉は 『希望』 

東北大震災から3年の、復興と希望を朝日の中に凛と立つ若い女性に託しました

どんな部屋に飾ってあって、どんな風に見えるのか心配です。。。ドキドキ

31日は東京で洋画入選者達の懇親会がにぎにぎしく開催されます

1日の10時に開会式が新国立美術館ホールで催されて,テープカットでどっと入場です





2013年10月16日水曜日

比叡山お山行きと白日会関西支部選抜展の一日


台風が接近中の15日恒例の大阿闍梨様達 と比叡山坂本から比叡山会館まで。雨も風もなんとか持ちこたえて涼しいお山行きとなりました
大阿闍梨さまは7月頃から3ヶ月間お風邪をめされて,私も日展作品に没頭で、ほんとうに久し振り 歩けるかなと少し心配でしたが、ゆっくりと行って下さったので,とってもよかった

夕方からは大阪淀屋橋のギャラリー大井さんで開かれる白日会関西支部選抜展のオープニングで、近くの川のほとりの中之島のライトアップで綺麗なレストランで食事会 そのあとは新地へ移動 楽しくて、充実した一日となりました

2013年10月11日金曜日

鉛筆クラスの生徒さんの作品が出来上がりました

中国の茶器の面白そうなのを向かい合わせに並べて描かれました 茶器の茶色の冷たい質感がとっても良く表現されていて いい作品になりました 余白も広くて存在感に重みを与えています
思い出のあるカトラリーを持ってこられてペーパーナフキンと一緒に描かれました
 ベースの黒さで白い紙ナフキンが引き立ちましたね
金属の光った感じはいくら消ゴムで白く抜いても,次の日には何となく鉛筆の色が降り注いでなかなか真っ白にならなくて苦労された点です