2013年8月23日金曜日

夏期講習第五日目 生きている金魚を描く

動き回る金魚 描いているのと同じ形になるまでじっと我慢して泳ぎを眺めるしか無いのです

1人は色彩で金魚とストローを表現

1人は金魚のイメージを自分が付けたいと思うジュエリーデザインを色彩表現 

1人は金魚をデッサン 構造をしっかりと見て表現

金魚がデパートの屋上に居た環境から急に変わってストレスを感じてそうなので、皆金魚の気持ちになってハラハラ心配しながら絵を描いた一日でした

皆さんの優しい気持ちで、今日もとっても充実


2013年8月22日木曜日

夏期講習四日目  生きている花を描く

今日のモチーフは花

1人はひまわりと百合を壷にいれて

1人は百合の花と沢山のツボミだけを

もう1人はピンクの薔薇1本を

それぞれデッサンです

「花ってこんなになってるんや !」とか「花ってゆっくり見たこと無かったわあ」とか言う声が聞こえてくるのは嬉しいですね

明日は出目金と流金です  動き回るからさぞかし皆さん苦労されるでしょうね



夏期講習第二日目 個人指導 

大学受験を控えている生徒さん、高校二年生で基礎力を付けたい生徒さん、就職までに基礎力を付けたい生徒さん達、それぞれ目的が違うので、同じテーマで絵を描く指導はしません完全個人指導です

今日は朝から一人はトマトと食パン2枚とガラスコップ

1人は昨日の続きでカボチャと石膏円柱

後の1人はガラスコップとトマト1個

しっかりと丁寧に観察して描くので、今日一日では仕上がりませんでした



2013年8月19日月曜日

夏期講習一日目 デッサン用の鉛筆の削り方指導


連日、日展の作品や他の展覧会に出す作品制作に浸りっぱなしでブログ更新もままなりませんでしたが、今日から ix art lab夏期講習 が始まりましたので久し振りにブログです

朝9時半から夕方6時半までしっかり8時間デッサンと色彩を京都芸術大学の彫刻の現役生に来てもらってビシバシ特訓

まずはデッサン用の鉛筆の削り方指導 

最近は大学生でもカッターナイフで削った事が無くて、ちゃんと削れるまでには相当鉛筆を無駄にしなくてはダメみたいです
カッターナイフは危ないからと学校で使用させないようですね